DNSとは?(初心者向け)




domainDNSとは、Domain Name System の略です。ドメインはホームページやメールのアドレス、レンタルサーバーはホームページを置くサーバーのこと。ここまでは想像できても、DNSやIPアドレスとなるとさっぱり判らないという方も多いと思います。実際、サーバー技術者でも無い限りめったに使うものではないので、それほど詳しくなる必要もないのです。コーヒーブレイク的に説明してみます。

ドメインはサーバーの名前を表しています。

ドメインとは、sample.com のことです。普通はこれに www がついています。ホームページアドレスやURLとも呼ばれたりしていて混乱しますので、ちょっと整理します。

通常、ドメインと呼ぶ場合は、www の無い sample.com の部分を指します。これは必ずしもピリオドがひとつとは限りません。www.sample.co.jp のようにピリオドが複数のものもあります。

ドメインのなかのピリオドで区切られている単語の一番右端のもの、com や jp をトップレベル・ドメインと呼びます。com は全世界共通で使われています。jp は日本を表すトップレベルドメインです。

ピリオドの左側をサブドメインと呼びます。たとえば、co.jp の co は jp のサブドメインです。sample.co.jp の sample は co.jp のサブドメインです。www.sample.co.jp の www も、sample.co.jp のサブドメインです。

ちなみに、正確にいうと、www.sample.co.jp のsample.co.jp までがドメインで、最後につけた www はホスト名(サーバー名)です。このドメイン+ホスト名の形式を FQDN といいます。一般的にはこの FQDN のことをドメインと呼んでいる人が多いので、今回はこれで説明します。

ドメインは世界共通の仕組みで管理されています

ドメイン(正確にはFQDN)は、インターネット上でサーバーの名前を表すためのものです。世界中で共通で使われますので、同じ名前が使われないように管理されています。しかし全世界のすべてのサーバーの名前をひとつの会社や団体が管理するのは無理があるので、分担して管理されています。

まず、トップレベルドメインが各国に割り当てられています。アメリカならus、日本ならjp、イギリスならuk、ドイツならdeというようにです。com, net, org などはその例外で、ドメインが国別に管理される前に作られてしまったトップレベルドメインです。

jpドメインは日本の管理団体(JPRS)が管理しています。ここは JP のサブドメインを自由につくる権利を持っています。もし sample.jp を取得したいのであれば、このJPRSという団体に許可してもらう必要があります。

co.jp や ac.jp はJPRSが定めた分類用のサブドメインです。co は企業、ac は学校に限って発行されます。ちなみに co.jp は1社でひとつだけしか取得できません。

もしあなたが sample.jp を取得したなら、sample.jp のサブドメインはあなたが自由に発行する権利をもっています。もし book.jp というドメインが取得できたとしたら、xxx.book.jp というドメインを使いたい人にサブドメインをレンタルして料金をもらうことも出来ます。

普通はそういう目的ではなく、自分で使う目的で取得すると思います。sample.jp のまま使ってもよいですし、さらにサブドメイン www を付けて使ってもかまいません。

www というのは、World Wide Web の略ですが、付けなければいけないというルールはありませんし、aaaでもabcでも構いません。昔からの慣例で、ウェブサーバーだとわかりやすいので www を付けているだけです。最近は短くてすっきりしているという理由で、www を付けないドメインで使っている企業も増えてきました。

IPアドレスはサーバーの住所です

次にIPアドレスですが、IPアドレスというのは、サーバーの正確な住所を表す数字です。一般の方があまり使うことはありません。社内LANのパソコン設定をさせられた時や、自宅のWiFiルーターの設定のときに、192.168.で始まる4つの数字を入れさせられたことがあると思いますが、それがIPアドレスです。

実際には 0.0.0.0 から 255.255.255.255 までの数字があり、なぜ 0 から 255 までかというと、正確には8桁の2進数だからです。これがドメインと同じく各国に割り振られていて、同じ番号が発行されないようになっています。(192.168.で始まる数字は例外で、ローカルアドレスと呼ばれ、他にもあります)

IPアドレスはサーバーの住所を表していて、同じIPアドレスのサーバーは(特殊なケースを除けば)ひとつしかありません。

ドメインがサーバーの名前を表していて、IPアドレスが住所を表しているわけです。となれば、どこかに住所録がないと名前から住所を調べることができません。

サーバーの住所録が DNS です

DNSはドメインとIPアドレスを結びつける住所録です。DNS があることで、サーバーのIPアドレスを覚えなくてもドメインを覚えていれば、そのサーバーを見たり、メールを送ったりすることができます。また、サーバーを引越ししたとしても困ることがありません。

DNS はドメイン毎に用意されているもので、ひとつのDNSに全ての住所が登録されているわけではありません。また、サーバーにだけあるわけではなく、インターネットに繋がっているほとんどの機器に入っています。あなたのパソコンや携帯電話にもDNSは入っています。単なる住所録ではなく、住所検索システムの役割も果たします。

ブラウザはDNSを使ってサーバーにたどり着きます

あなたが、とある会社のホームページ、www.sample.com を初めてパソコンから開くとします。ブラウザからドメインを入力すると、ブラウザというソフトはパソコンのDNSにアクセスして、そのドメインのIPアドレスを調べようとします。初めてアクセスするホームページなので、当然登録されていません。そこでパソコンのDNSは、上位のDNS、普通はルーターという機械のDNSに同じことを聞きます。そのDNSに登録されていなければ、ルーターはプロパイダーのDNSに問い合わせをします。プロパイダーのDNSにも登録されていなければ、さらに上位、トップレベルドメイン、つまりcomのDNSに問い合わせをするのです。

com の DNS には、sample.com の DNS のアドレスが登録されていますが、www の部分は sample.com が勝手に作っているので、com の DNS は管理していません。そこで sample.com の DNS に www.sample.com の IPアドレスを聞くことで、やっと www.sample.com の実際の住所がわかるわけです。

これがブラウザに www.sample.com と入力してからホームページが開かれるまでに行われていることです。

毎回これを繰り返すのは無駄なので、一度アクセスしたドメインの情報は、それを仲介したDNSのすべてに保存されます。しかし大元で変更されたときに、世界中のDNSが書き換わってくれるわけではないので、ある一定の時間が経つと保存されたIPアドレスは捨てられます。DNSにはどのくらいの時間で一時保存を捨ててほしいかも登録されています。