Macのスクリーンショットをjpgで保存する




mac_screenshot_jpgMacのスクリーンショット機能はとても使いやすく、私がMacを気に入っている点のひとつです。特にCommand+shift+4で撮影できる部分的なキャプチャ機能は本当に便利で、ブログやマニュアルなどの記事を作るときに頻繁に利用します。しかし残念なことに、画像の保存形式がPNGになっています。PNGは画像が劣化しない可逆圧縮という方式のファイルで、圧縮率が小さいためにファイルサイズが大きくなるのが問題です。

私はブログやマニュアルでは画像を多用するため、PNG形式のままではページやファイルのサイズが大きくなってしまいます。そこで今までは他のソフトでJPG形式に変換してから使用していました。

JPGに変換するだけなら画像をプレビューで開いて、ファイルメニューから書き出しを選ぶと出来ますが、ひと手間とはいえ毎回やるのは面倒なものです。そこで最初からJPG形式でスクリーンショットが保存されるようにする方法を調べてみました。

Macのキャプチャ機能で撮れるスクリーンショットのファイル形式を変える方法

まず最初にターミナルを起動します。ターミナルはMacに最初から入っているアプリケーションで、Windowsだとコマンドプロンプトと呼ばれているものと同じ機能です。

mac_screenshot_jpg1

ターミナルを起動したら、以下のコマンドを入力してENTERを押します。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

mac_screenshot_jpg2

コマンドを入力したら、EXITと入力してENTERを押します。これでターミナルが正常に終了します。

mac_screenshot_jpg3

その後、メニューから終了させておきましょう。

mac_screenshot_jpg4

Command+Shift+3で全画面のスクリーンショットを撮ってみると、ファイル形式がJPGになっているのを確認できました。

mac_screenshot_jpg5

PNGで撮ったものを比較してみると、ファイルサイズがかなり小さくなっているのを確認できます。

mac_screenshot_jpg6

PNG形式はWindowsのBMP形式とは違い、まったく圧縮しないわけではないので、常にこれだけの差がつくわけではありませんが、ファイルサイズは小さいに越したことはありませんよね。

JPGにすると小さくなる分、画像が多少劣化してしまいますが、圧縮率80%ぐらいであれば肉眼ではほとんど違いはわかりません。