ドメインを取得するという経験は、普通の方にはあまりないことだと思います。

ドメインというのはレジストラと呼ばれる業者が販売していますが、彼らはドメインの販売代理店のようなものです。
正確にはレジストラとその代理店がいるのですが、まあ我々にはどっちでも同じです。

ドメイン販売のみを行っている会社もありますが、多くはレンタルサーバー会社がドメイン販売もあわせて行っているケースでしょう。

なのでレンタルサーバーを契約するときに、同時にドメインを取得することが多いのですが、アフィリエイトサイトの場合はこれだとマズいことが起きたりします。

というのも、アフィリエイトサイトはサイトが育つことが多いので、後にレンタルサーバー会社を引越しすることがあります。引越しする際にドメイン業者とレンタルサーバー会社が同じだと、会社によっては面倒だったり、細かい設定が出来なかったりします。

また、複数のサイトを作った場合にレンタルサーバー会社を変えてしまうとドメインもバラけてしまい、管理が面倒になったりします。

そこでオススメなのは、ドメインは専門業者で取得し、レンタルサーバーの契約とは分けておくことです。

GMOインターネットが運営する、お名前.comは、日本最大のレジストラで、大手企業、上場企業ということの安心感もあって一番利用されています。

ここでは利用者が一番多いと思われる お名前.com を例にしてドメインの取得や設定などについて説明していきます。

まずは検索窓に思いついた文字列をいれて検索してみます。 com や jp などは入れなくて大丈夫です。

ドメインってどういうのがいいの?というかたは下記の記事を参考にしてみてください。
アフィリエイトサイト用ドメインの選び方

入力した文字が取得できるかどうか、一度に調べてくれます。 com や net などは TLD (トップレベルドメイン) といいます。単純にドメインの種類だとおもってください。

種類がいろいろありますが、私は com net jp をオススメしています。これが付いているだけで誰でも見ただけでドメインだとわかります。難点は世界中でもっとも使われているため、なかなか良い単語が空いてないということです。

他にも info me tv など多くの種類がありますが、こちらは比較的空きがありますので、取得はしやすい上、価格も安いように書かれていますが、気をつけてください。あまり売れないから安売りしているのかもしれません。

初年度が安いだけで2年目以降から高かったり、設定や変更に時間がかかったりなど、ちょっと普通のものと違うのもあります。どうしても決めた文字でドメインが取りたい、でも com net jp は空いてないという方は試してみてください。

hohou.net が空いていましたので、購入します。運良く一発で取得できたようになってますが、実際はかなり色々試してやっと空きを見つけました。

まずは1年分だけ支払えば大丈夫です。一度取得したドメインは、優先的に更新する権利がありますので、支払いを忘れなければ他人に奪われるというようなことはありません。

始めてドメインを取得される方は、このドメインと一生付き合っていく、みたいなイメージがあるかもしれませんが、一度サイト作りを始めると意外とドメインはいくつも取ることになったり、使わずに捨てたりするものです。

ここで whois情報公開代行というチェックがあります。ここ大事なので説明しておきます。

ドメインは whois というデータベースで取得者の情報が公開されます。公開される情報は、氏名、住所、メルアド、ときには電話番号などです。法人で取得するなら良いのですが、個人で取得した場合は個人情報が公開されることになります。

アフィリエイトサイト、アダルトサイトなどで個人を特定されることを望まないのであれば、この whois情報公開代行 のチェックをいれておけば、あなたの住所氏名のかわりにお名前.comの情報が記載されます。あくまで公開用の情報というだけで、ドメイン自体の所有者はあなたのままなので安心してください。

公開されるメールアドレスにはかなりの量のスパムメールが届きます。かといって捨てアドなどを使うと、契約更新の案内メールなども届かなくなるかもしれませんので、注意してください。

次に契約者情報などを登録します。正しい情報をいれておくことをオススメします。特に会社名や商品名などで取得する場合は、万一商標などの問題で先使用権などの関係もあるやもしれません。

支払いはクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込などが選べますが、クレジットカード以外を選択した場合は支払いが確認できないと取得が確定しませんのでご注意ください。

レンタルサーバーの広告が表示されますが、華麗にスルーしましょう。

申込できました。同時にドメイン情報認証というのが必要ですので、一気にやってしまいます。

取得と同時にやたらメールが届きますが、そのなかにドメイン情報認証のお願いというメールがありますので、必ず開いてください。

メール内にリンクアドレスがありますので、必ず期日内にクリックしてください。

クリックするとこのようなページが表示されます。表示されてしまえば、それで完了です。特にここでの手続きはありません。

ついでに、whois情報をつかって、本当に取得できているか確認してみましょう。サイトを開き、取得したドメインを入力してみます。

WHOIS情報検索

このように、既に取得されていること、それと公開情報が表示されています。今回はwhois情報公開代行を申し込みましたので、個人情報は公開されていません。

以上でドメインの取得は終わりです。